シーラルストーンとは?

シーラルストーンとは、約10年前に神話の里、高千穂で発見された、不思議なパワーを持つ岩石です。
昔から高千穂に登山すると肩こりが良くなり、体が軽くなると言い伝えられました。

シーラルストーンのエネルギーは、遠赤外線の一種です。
科学的にいうと、太陽光線の照射や自然の動的な力・エネルギーを吸収して電位を獲得し、4~14ミクロンの遠赤外線(育成光線)を再放射します。
シーラルストーン
放射する遠赤外線(育成光線)は、細胞を活性化し、免疫力を向上させます。
この遠赤外線を発する天然鉱石の中で、シーラルストーンが最も高い臨床効果をあげました。

シーラルストーンはテラヘルツ光線と呼ばれるパワーを持つ石で、活水、鮮度保持、熟成、脱臭などの効力を持ち、また、細胞賦活作用などのエネルギーを放出して過酸化脂質を抑制することから、皮膚病の体質改善にも効果を上げていることが証明され、国際医学学会でも発表されました。

テラヘルツ光線は「透過波長」です。細胞内の核を破壊し傷つけないだけではなく、透過の際に細胞の歪みを正しく調和させ、細胞を活性化させる作用があります。

毛細血管が拡張して新陳代謝が向上し、その結果免疫力や自然治癒力が向上するといわれています。
このような、刺激効果を『ホルミシス効果』といいます。

シーラルストーンは学名を礫岩ホルンヘルツと言い、小さな石が集まっていたところに溶岩が接触して、性質を変えたものです。

この石に含まれる成分で特記すべきものは、二酸化珪素(SIO2)の含有量が極めて多くて75%~90%です。
珪素100%は石英で、結晶化すると水晶です。水晶は正確な波動/振動を発することからクォーツとして1万年に1秒しかくるわない電子時計にも使われています。

こうした極めて正確な波動が育成波となって、人のリズムを本来の姿に戻すと言われています。

次に、酸化チタンの含有量の多さです。通常の岩石には0.003%程度しか含まれていませんが、シーラルストーンには0.007%含まれています。

岩盤浴を体験された方なら誰でも経験されるように汗の染みたパジャマが汗臭くないのは、酸化(くさる・さびる)を還元(くさらせない・さびさせない)状態にさせてくれるためです。

  

文字サイズ変更

株式会社 創陽

福岡春日市宝町2-20-2

TEL:092-581-3630

mail:shop@shizennochikara.co.jp